スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    魔法

    Baby・Kids comments(0) - ルキとかルチ
     実は私、ちっと魔法が使えまして−。
    カミングアウトしたんで今日からたぶん使えなくなったと思いますが(〃´・ω・`)ゞ


    こどもには夢が必要だ!


    とりんが小さいときに思いまして。
    りんも私もハリポタ大好きだしね。
    そこで、りんにこっそりお話したんです。


    「ママ、実は魔法使いなの。
    ・・・でもちゃんとお勉強しなかったからたくさんは使えないんだけどね。
    満月の夜にしか使えないのとー・・・
    あと、人間のパパに知られると魔法使えなくなっちゃうから、ないしょね☆」


    そんで満月の夜を待って、庭の石をチョコレートの石に変える魔法(という名の手品)を使ったら娘本気で信じてくれまして・・・!!

    それ以外にも、赤信号がママの指をパチンと鳴らすと青信号に変わる魔法とか。(笑)
    映画のセリフを事前にそらんじて予知する魔法とか。(ナウシカとか、レイア姫とか・笑)
    元々の勘の良さも手伝って、りんが食べたいと思うものを夕食に出したりとか。

    「ママってほんとうにすごいね!」

    「りんちゃんも、もう少し大きくなったらきっと使えるようになるよ。だってママの娘だもん♪」

    って育ってきてもう6歳。

    ………………………………………………


    りんにひとつ、魔法を教えることにしました。(エッ


    最近私がイライラしてるせいもあり。
    うちの生活が夜型なのもあり。
    10時半になっても歯磨きしないでパパとTV見てたりで、つい怒ってしまうんですね;
    でも怒るって・・・そんなに悪いこともしてないのに、りんにも私にも良くないと思いまして。
    そしてりんに魔法をひとつ、教えました。


    「ママに怒られそうとか、怒られた時、手をパンパンと二回叩いて呪文を唱える。
    呪文は 『ノモラカ タノママ』 ママの怒りんぼが消える魔法だからね。」

    「(*゚Д゚)!」

    「でも、大事なお約束。魔法を使いたくてわざと悪いことはしないこと。
    他の人に魔法のこと、呪文のことを話さないこと。
    他の人がいるところで、魔法を使わないこと。
    もし約束をやぶると、魔法は二度と使えなくなるからね☆」


    りん、紙に忘れないように呪文を書き留めてました・・・!!
    カワウィーーー!!(爆笑)

    これで私がつい怒りすぎた時、りんが魔法を使ってくれたら私がハッと気づくと思います。
    そうしたらにっこり笑って、抱っこしてあげようと思います。

    ………………………………………………

    おまけ
    『ノモラカ タノママ』 はペルソナに出てくるひみつの呪文です☆
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        無料ブログ作成サービス JUGEM