スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    絵本読み聞かせ

    Baby・Kids comments(0) - ルキとかルチ
     うちの、寝るの超おっそいりんさんと「どうしたら早く眠れるか!?」について話合ったところ。

    「えほんよんでほしいの(*´・ω・`*)

    (*゚Д゚)ムハー

    ほんで、9時にベッド入ったら絵本を読んであげる、という約束をしたんです。


    が!!


    8時半くらいにだんなさん帰宅しちゃって、私はバタバタ。
    だんなさんは10時には寝るから、りんそれまで起きてていいよ。パパと寝ような☆って言うし。
    私も勉強できるー♪みたいな感じで、「りん、状況が変わったから絵本読んであげらんないよ。ごめんね。パパと寝てね」って、パパとりんが一緒ならこりゃ安心みたいに思ってたんですが。

    それから夕食とっても、デザート出しても、抱っこしても、なんだかしょんぼりしてるりん。
    なんか面白くないのかな?と思って、どうしたの?って聞いたら


    りん「りんちゃんママに絵本読んでもらいたかった(≧−≦) 」


    えっ・・・


    りん「楽しみにしてたのに(*≧≦)」


    ええっ!?




    ……

    ………。

    ハッとさせられました。

    状況が変わったから予定が変わったとか、またねとか、私は何気なく言ってたし臨機応変に動いてるつもりだったけど、そうじゃなかった。

    毎日毎日夜遅くまで勉強してて、寝かしつけはだんなさんに任せっぱなしで、私は二人が寝静まってからそーっとベッドに入るのが当たり前だったけど、全然そうじゃなかった。


    りんは、我慢してたんだ・・・!!


    ものすごいショック受けました。
    頭いいし、しっかりしてるから、あんまり気にしたことなかったけど、りんちゃんまだ6歳だったーーーー!!

    半年ぶり?絵本をママに読んでもらえる。それがどれほど楽しみにしててくれてたのか。あぁ、私、ちっとも分かってなかった・・・!!

    反転

    そうだよね
    パパよりママがいいよね!!!!!(爆笑)

    ………………………………………………

    ベッドに入って、抱っこをして、柔らかいオレンジ色のランプの光で絵本を読んであげました。
    りんのリクエストは「サンタクロースと小人たち」という絵本でした。

    暖かくて幸せな30分。

    勉強も確かに大切だけど、この絵本を読む時間を取ったからって落ちるもんでもなし。(そう。そういう問題じゃあない(´-`))
    これからは、9時〜9時半にベッドに入ったら絵本を読んであげると、ちゃんと約束をしました。

    翌日。
    りんの喜ぶ顔が見たくて、絵本買って帰っちゃったー♪

    <おまけ>
    ・100万回生きたねこ。
    ・ビロードのうさぎ。
    危険。涙腺崩壊注意orz

    評価:
    やまだ うたこ
    教育画劇
    ¥ 1,050
    (2005-10)

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        無料ブログ作成サービス JUGEM