スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    りんちゃんの夏休み(視察編)

    Baby・Kids comments(0) trackbacks(0) ルキとかルチ
    ぷくが7月末に体調崩して病院に通っていました。
    頻尿と血尿がひどくて毎日投薬。

    ぷくはおりこうなので病院行くよーとゲージを開けると自分から入り。
    お薬だよーと言うと側に寄ってきてお座りしてくれます。

    8/1は福島で法事だったんですが、旦那さんが前日に「お前は残ってくれ。ぷく心配だし明日の朝イチで病院連れて行ってくれ(`・ω・´)」

    こうね。
    (`・ω・´)真顔で言われたんでね。
    急遽お留守番になったわけです。


    法事は終わり。夏休みの帰省も私だけお留守番だったんですが、ぷくの状態がいいので夕方からの新幹線のチケットをこっそり買っておきました。
    これで一晩だけお泊まりして翌日だんなさんと一緒の車で帰ってくるわけです。
    前日、あんなに残ってくれと言っていた旦那さんが


    旦那「アニキに2日くらいネコ見ててもらうからお前も福島来いよ」

    私「うはwぷくに何かあったら大変だから留守番してくれって言ったのあなたじゃんw」

    旦那「そうだけど・・・せっかくの夏休みだし」

    私「普通せっかくの夏休みだしお前の実家に顔出したら?とかのんびりしろよならわかるけど。夏休みだからお前も俺と一緒に俺の実家帰ろうとか!!どんだけ一緒に居たいんだよ!!(笑)


    この後も「私がいないと寂しいんでしょ〜」「浮気するかもとか心配なんでしょ〜」とからかってたら、「法事にも顔出してないからまずいだろう」とか体裁の良いことを言ってきたので、あまりに笑ってしまって、ついに新幹線のチケットを見せました。


    旦那「なんだこれ・・・ハッ(*゚Д゚)」

    私「あなたとりんを喜ばせようと思って黙ってたんだけど、あんまり女々しく誘うから教えちゃったわ!(笑)」


    付き合って16年くらい経つんだけど大丈夫かなこの人?!って旦那さんが出発するまでずっとからかってました。(ひどい笑)

    福島では久々にりんと会って抱っこしたりギューしたりスキンシップを楽しんだんですが、読書感想文をまるでやってないことが解るといつもの親子関係に戻りました(笑)
    毎晩夕食時に三ツ矢サイダーもらってたりとかね( ´_ゝ`)
    じじばばはがビール飲むのでりんだけお茶じゃ可哀想でしょとか、くそぅ、どこんちもこんな感じか。甘かったわ・・・orz

    だけど大きなケガや病気もなく、鬼(私)の手から離れての生活もいい思い出だろうなと思います。
    あんまりガミガミ言いたくないから、ほんと宿題くらいさっさと終わらせて欲しい(涙)

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM