スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    市進個人面談(パパ初参加編)

    受験・勉強(小5) comments(0) trackbacks(0) ルキとかルチとか

    突然の申し込みにもかかわらず翌日お約束できた個人面談です。

    最初私だけのつもりでしたが、ちょうど土曜日は旦那さんがお休み。

    面談行くのに車で送っていこうか?と声をかけてくれたので、はたと気がつきました。

     

     

    私「そうだ、あなたも行こうよ!」

     

    旦那「ええ、やだよ; いかねー。そんな急に言われても;」

     

    私「私も一人で行く気だったけどあなたタイミングよくいるじゃん。面談って先生の都合に合わせて決まるからもうこんなタイミングないよ?先生変わっちゃったしさ。りんの家庭学習の進め方も相談したらいいと思う!」

     

     

    学生時代は旦那さんが理数系で、私が文系でしたが中学受験に対しては逆転。

    社会が得意である旦那さんと、経理やってるからかやや数学に強くなった私が自宅学習を見ています。

     

    ずっとヤダ、いかねー。を連呼してた旦那さんですがじゃあ行ってみるか、という気持ちになってくれて夫婦で面談に参加してきました。

    算数をなんとかしたいと話してたんで、元担任H先生と新担任M先生。

     

     

    旦那「えっと、まず社会の暗記法について聞きたいんですが」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    理数担任2人並んでる前で社会!!!!!(爆笑)

    やばい私イスから転げ落ちるかとオモタwwwww

    ごめん先生!!ほんとすんません貴重な時間なのに!!って心で叫んだわ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    そもそも暗記の仕方が私と旦那さんで違っていて。

    旦那さんは文章丸暗記させようと全文写しとかさせる。

    私は音読が基本。ただ単語は漢字で書けるように数回書き取り。

     

     

    元担任「りんちゃんは一度読んだらストーリーとして覚えてしまいます。なので全文写しなどはしなくてもいいでしょう。あとはクイズ形式や、時事問題に関して自分はどう思うか、など対話で引き出していって記述式にそなえていきましょう」


     

    あと自宅学習で使っている「受験理科の裏ワザWチェック問題集 新装版 (裏ワザテクニック)」を持参。塾のテキストじゃないのでどうしようかと思いましたが、A,Bの基礎問題だけ載っているのでりんにはいいと思って使ってますと話すと

     

     

    元担任「あ、これはいいですね。夏にやった単元も1/31の日付が入ってる。きちんとやってるんですね^^ でもこれ以上ドリルは増やさない方がいいです。多すぎてもかわいそうなんで」

     

     

    よっしゃよっしゃOKもらった!

     

     

    肝心の算数に関しては、とにかく質問に来させる。これを徹底させ、習慣づけることになりました。

    私は見てるとはいえ、わかる単元とわからない単元があってね。もう無理;

    時計算見たときに あ、もう無理orzって思いました。でもりんがいないときにこっそり参考書眺めてるけど。

    『何時何分からスタートして何分後は 針の角度は何度?』 時間じゃなくて角度かい!!というツッコミをどうしても入れてしまうw)

     

     

    新担任「今初めてりんちゃんの成績表見させてもらってるんですが・・・ここ。

    この円の転がりのところ、前々回ダメだった単元、次のテストで満点とってますね。これすごいです。

     

    元担任「あ、それ僕気がつかなかったな」

     

     

     

    この新担任・・・できる!!!!

     

     

     

    この一瞬、夫婦でそう思いました。

    偏差値全然足りないよ。でも本人はがんばってるよ。

    点数につながる勉強を陰ながらしていたことに気がついてくれた新担任先生。

    この人についていけば大丈夫だ、私はそう思いました。

     

    そして最後。

    春の定例試験で4教科偏差値ある程度行かなかったら受験を辞める。これはどうするのか・・・?

     

     

    元担任「お母さん、それはもう新担任先生には引き継がなくていいですよね?」

     

     

    ん?・・・・・ん?!

    ええとつまり『本人にやる気を出させるために言っただけだから水に流してなかったことにしましょう』とかそういうこと?

    もちろんうちは偏差値ふるわなくたって最後の入試までがんばるつもりだけど、そういう嘘っていいの?だめじゃないの?

    入試でダメだったらあきらめつくけど、今辞めたくないって気持ちだよ。確かにそうではあるんだけれど。

     

    ん?それってつまり

    やっぱりなかったことにしましょう、なの??

     

    なんかちょっとだけ腑に落ちないけれど面談は終了。

    ううむ。

     

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM