小6 4月定例試験結果

- comments(0) trackbacks(0) ルキとかルチとか

   7月  8月 10月 11月 1月 1月  4月
国語 45  43  45  45  53  52  45

算数 43  35  37  43  44  45  44
理科 41  38  46  47  45  33  46
社会 30  45  38  46  46  44  51

 

 

(ため息)

 

 

平均50行きませんでしたね。

 

国語、漢字さぼってるよな・・・と思っていましたがまんまと5問ほど落としてました。

他の科目にいたっても、問題の読み間違い、答えわかってるのに答案用紙にそのように書かれていないなど

 

 

りん「・・・・・・・・」

 

私「うっかりミスとか、ケアレスミスって周りは言ってくれるよ? でも合ってなければミスだろうと分からなくても同じ0点だよ」

 

りん「・・・・・・・・」

 

(あまりに沈黙が長かったので、堪えきれず聞いてしまいました)

 

私「りんはどうしたいの?」

 

りん「・・・50・・・行かなかったし約束だから・・・やめる。・・・塾行くの恥ずかしいし・・・」

 

私「後悔しない? 先生との約束忘れていいよ。ママはりんの本心が聞きたいよ」

 

りん「・・・・・・・・勉強続けたい(TへT)」

 

 

ぽろぽろっとこぼれた涙を見て、旦那さんが言いました。

 

 

旦那「よっし!りん!俺とやってた社会が50になったんだ!

まだ入試まで時間はある、がんばろうな!」

 

私「塾は心配しなくていいよ、パパがもし50行かなくても最後まで頑張らせてやりたいって言ってたから、ママ塾に電話してあるよ。『もし50行かなくても今後もお願いします』って。国社先生『4回試験ありますからね。大丈夫ですよ!』って言ってくれたよ」

 

りん「(;ヘ;)(こくり)」

 

 

自分で紙に偏差値50じゃなくて60を目指す。がんばる、みたいなことをつらつらと書いて壁に貼ってました。

ちょっとだけ涙が出ました。

自覚するのが一番の薬です。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

1週間後。

 

午前中で学校終わってるのに、2時から塾あいてるのに

2:45自宅で勉強もせずにだーらだらしてるりんを発見。(ホームカメラ)

 

ブチキレちゃった

 

さすがにママがキレたので、塾へ行きましたが。

1時間20分のみ滞在してとっとと帰ってきたりん。

 

 

 

足技を繰り出してしまいました(反省している)

 

 

 

しかし怒りは収まらず塾へ電話!!

 

 

「元理数担任先生いますか?!授業中?えっ伝言?

じゃあ娘が勉強しませんって伝えてください!!返事はくれなくて結構です!忙しいのに申し訳ございませんでした、では!」

 

 

全部書くと長い上ばかばかしいですが。

りんが塾に行った際、この元理数先生がりんに声をかけてくれたそうです。

 

 

元理数先生「来年、心から僕がおめでとうって言えるように勉強がんばってね!!」

 

 

りんはとても嬉しかったようで、私にLINEで知らせてくれました。私もとても嬉しかった。

 

 

 

 

なのに1時間20分で帰ってくるなよ!!!!!orz

 

 

 

 

りん「うちで・・・勉強しようと思った」

 

 

そんなんできてたらとっくに偏差値上がっとるわ!!!!(叫)

 

 

なんで?どうして??

やる気がない子、できない子に期待なんてかけない。

自分からやるって決めたことを周りは応援してる。自分で努力しないでどうして平気なの?

試験から1週間経ってるのにまだ解き直し終わってないの・・・・・知ってんだからね!!!!!!!

あんたこないだ問題読み間違い多くてしょげて自分で「読書してないからだと思う。毎日読む」って言ってたけど何も読んでませんよね!!!!!

 

 

 

そこへ旦那さん帰宅(^o^)/

 

 

 

状況を理解してくれて、話してくれました。

 

 

旦那「あのな。お前から真剣さが伝わってこないんだよ。

勉強でもスポーツでもなんでもいいんだ。これだけは好き、負けたくないって気持ちがあるだろ?

パパは別に勉強じゃなくてもいいんだよ。」

 

りん「・・・私は勉強でがんばりたい」

 

私「自分で決めたんだよね? 受験したいって(あれ?)」

 

りん「・・・近所の中学には行きたくない。でも・・・どうしても行きたい中学、まだわからない。

だから・・・なんか・・・何に頑張ってるのかわからなくなっちゃう」

 

 

あっ て思いました。

そうか。そうだったんだ。

 

 

私「そうか!じゃあ、ママといろんな中学校見に行こう!」

 

りん「(ハッ)」

 

私「進学塾だけど、どうしても行きたい中学がなかったら受験しないって選択肢もアリだって本に書いてあったよ!

だけど行きたいところ見つかってそこから勉強するんじゃ間に合わなくなっちゃう。

行きたい学校の幅を広げるためにもこつこつ勉強しよう。

春になったし、あちこち見ながらりんが通いたい学校を探そうよ」

 

りん「うん!!」

 

 

パッと輝いた顔を見て、ああそうか。そうだったんだと思いました。

塾の先生おすすめは S中学(偏差値55 シリタス65)。「スポーツも勉強も活発。明るくて友達が多いタイプの子が集まるんで、りんちゃんに向いてます!」とのお言葉にパパママも大賛成。

 

続いて公立中高一貫校である T中学(偏差値63 シリタス68)こちらも理由は同じ。

 

 

先生「りんちゃん学力なら女子校あちこち狙えるんですが、残念ながら性格が共学向きです!うまくいきませんね!w」

 

 

その通りなんです。

うちのこは共学向き。女子校は絶対イヤと、もう本人が言ってますorz

 

そしてこの2つだけを受けると決めていたんですが、そう・・・そこにはりんの意志が入ってなかった・・・!

あの学校か。たしかにいいよ。制服もかわいいし。先生が向いてるって言うなら向いてると思う。こんくらいの認識。

 

 

知らない相手と結婚決められてるようなもんだよね。

それに向かって頑張れって・・・頑張れないよ。

 

 

夫婦で反省しました。

 

偏差値ちょっと上を狙うのはもちろんだけど、たくさんの学校を見ないと比べるものが無いんだわと。

りんにとってとてもいい学校と判断してたけど、子供は自分で選びたい。

ものすごーく当たり前のことなのに、気がついたら夫婦でりんの幸せのためって押しつけてました。

 

この一件により、我が家は併願をきっちり組んで絶対に落ちない受験をする方向に変わります。

 

ずっと心配でした。

りんが努力しなくなるんじゃないかって。

 

でも親が勝手に決めるのも間違ってます。

 

来年の4月笑っていたいから、迷っても衝突しても家族で成長していきたいです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

22時。元理数先生から電話がありました。

 

 

先生に、私が懺悔しました。

今日は私がダメだった。堪えきれなかった。蹴り倒しちゃったこと。(TT)

 

 

元理数先生「りんちゃんはね、さあ次何をしようかなってお茶飲んでケーキ食べてゆったり考える子なんです。

そこがね、お母さんをイラッとさせちゃうんでしょうけども。

 

何やるか困ったら暗記。

暗記に疲れたら、ちょっと考える問題。

これにも疲れたらそこらへんに積んであるドリル参考書。

上から順にやっていけばいいんです。

全て彼女にとってはプラスですよ!あんまり追い詰めないどいてあげて。かわいそうよ」

 

 

元理数せんせぇーーー!!!!!(ぶわっ 電話だけど)

 

 

 

忍耐が足りないのは私。

迷惑かけたのも私。

りんに上手に催眠術をかけなきゃいけないのに・・・

「あなたはまだこれからよ!」「ママが信じてるんだから大丈夫!」「よし、次頑張ろう!」

 

 

女優にならねばならぬと思った日でした。

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM